• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

軽自動車税

 
 

1.納税義務者 

  軽自動車税は毎年4月1日(賦課期日)現在、町内に「主たる定置場」(注1)のある、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車等を所有する方に課税されます。(割賦(所有権留保)販売の場合は、買主が所有者とみなされます。)

  したがって、4月2日以降に軽自動車を取得しても、その年度は課税されませんが、逆に4月2日以降に譲渡・廃車等の手続きをしても、その年度分の納税義務を負うこととなります。

 

(注1)「主たる定置場」とは、
  1 原動機付自転車及び小型特殊自動車
   (ア) 所有者が個人である場合は、その住所地
   (イ) 所有者が法人である場合は、その車両を使用する事務所の所在地
  2 軽自動車及び二輪の小型自動車
   (ア) 軽自動車使用届出済証又は自動車検査証を交付された場合は、そこに記載された使用の本拠地
   (イ) (ア)以外の場合は、その所有者の住所地
 

 

2.税率 

 

 

車  種
区  分 (総排気量又は定格出力等)
税額(円)
 原動機付自転車
 50cc以下又は0.6kw以下(ミニカーを除く)
1,000
 2輪で50cc又は0.6kw超、90cc又は0.8kw以下
1,200
 2輪で90cc又は0.8kw超、125cc又は1.0kw以下
1,600
 ミニカー
2,500
 軽 自 動 車
 2輪で125cc超、250cc以下(側車付含む)
2,400
 3輪で50cc超、660cc以下
3,100
 4輪以上、
 660cc以下
 乗用
 営業用
5,500
 自家用
7,200
 貨物用
 営業用
3,000
 自家用
4,000
 その他
 専ら雪上を走行するもの
2,400
 被けん引車
2,400
 小型特殊自動車
 農耕作業用
 トラクターなど乗用装置のあるもの
1,600
 その他
 フォークリフトなど
4,700
 二輪の小型自動車
 250cc超(側車付含む)
4,000

 ※「ミニカー」とは、3輪以上のもの(車室を備えず、かつ輪距が50㎝以下のものを除く。)で、総排気量が20cc超50cc以下、定格出力が0.25kw超0.6kw以下のものをいいます。

 ※「営業用」とは、旅客自動車運送事業及び貨物自動車運送事業の用に供する軽自動車をいい、道路運送車輌法に基づく自動車検査証に「事業用」と記載されているものが該当します。

 

3.納税 

 毎年5月初旬に送付する納税通知書により、5月31日(5月31日が休日のときは、翌日開庁日)までに納めていただきます。通知書が届かない場合や、紛失したときは再発行しますのでお問い合わせください。

 ※軽自動車税には自動車税のような月割課税制度はありません。

 

4.車検用の納税証明書 

  軽自動車税を完納している方は、納税通知書に付属の納税証明書(継続審査用)をご利用ください。未納がある方は、納税したうえで納税証明書を税務課に交付申請してください。

  また、口座振替の方は、口座引き落とし確認後に納税証明書を送付いたします。(6月中旬頃)

 

5.軽自動車の減免制度 

 軽自動車税には減免制度があります。定められた期限までに申請することにより減免が受けられます。

 (1)公益のため直接占用するものと認める者
 (2)天災その他特別の事情がある場合において減免を必要とすると認める者
 (3)生活保護法による扶助を受けている者

 (4)身体障害者等に対する減免

  •  要件
身体障害者等の手帳をお持ちの方で、次の要件に該当する者は、軽自動車税が減免されます。
ただし、1人の身体障害者に対して1台に限ります。(自動車税で減免を受ける方は、軽自動車税の減免は受けられません。)
 
項  目
障 害 等 級
障害者ご本人が運転する場合
障害者と生計を一にする方が
運転する場合
身 体 障 害 者 手 帳
視覚障害
1級から4級
1級から4級
聴覚障害
2級および3級
2級および3級
平衡機能障害
3級
3級
音声機能障害
3級(喉頭摘出による音声機能障害がある場合に限る)
上肢不自由
1級および2級
1級および2級
下肢不自由
1級から6級
1級から3級
体幹不自由
1級から3級および5級
1級から3級
乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害
・上肢機能:1級および2級
・移動機能:1級から6級
・上肢機能:1級および2級
・移動機能:1級から3級
心臓機能障害
1級および3級
1級および3級
じん臓機能障害
1級および3級
1級および3級
呼吸器機能障害
1級および3級
1級および3級
ぼうこう又は直腸の機能障害
1級および3級
1級および3級
小腸の機能障害
1級および3級
1級および3級
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害
1級から3級
1級から3級
肝臓機能障害
1級から3級
1級から3級

 

療 育 手 帳 
総合判定A
総合判定A

 

精神障害者保健福祉手帳(通院医療費の公費負担番号記載のもの)
1級
1級
  戦 傷 病 者 手 帳
該当する障害については、直接お問い合わせください。

 

愛 の 手 帳
総合判定1度から3度

減免に該当する軽自動車等

 (1)障害のある方ご本人が所有する場合
 (2)障害のある方の通院・通学・通勤その他日常生活の必要のために障害のある方と生計を一にする方が所有する場合
 (3)身体障害者等のみで構成される世帯のため、障害のある方を常時介護する者が運転する場合
 

申請に必要なもの

 (1)車検証又は標識交付証明書、納税通知書
 (2)減免を受けるための証明書又は身体障害者等の手帳など
 (3)印鑑
 (4)運転免許証(減免を受ける軽自動車等を運転される方のもの)
 

申請期限・申請場所

  当該年度の納期限の7日前までに、税務課住民税係へ申請してください。
  (申請期限を過ぎますと、その年度の減免は受けられません。)

 

6.軽自動車の申告(登録・廃車) 

 原動機付自転車(125ccまで)・小型特殊等の登録、廃車及び変更について

  税務課住民税係で手続をしてください。

 ◇ 登録の仕方(ナンバープレートの取得方法)

内   容
必 要 書 類 等
 販売店から購入のとき
・販売証明書
・印鑑

 廃車手続をしている車輌で、

  他人や家族から譲り受けたとき
  御代田町へ転入してきたとき
・廃車申告受付書(譲り受けた場合は譲渡証明欄に記入等してあるもの又は譲渡証明書)
・印鑑
 廃車手続をしていない車輌で、
  他人や家族から譲り受けたとき
  御代田町へ転入してきたとき
・標識交付証明書
・ナンバープレート
・譲渡証明書
・印鑑
 ◇ 廃車の仕方(ナンバープレートの返却方法)
内   容
必 要 書 類 等
 使わなくなった又は他人や家族に譲るとき

・ナンバープレート

・印鑑
 町外に引越しするとき
標識交付証明書及びナンバープレートがあれば、引越し先の市区町村でも手続ができます。詳細は引越し先の市区町村に問い合わせください。
標識交付証明書がない場合は、ナンバープレート、印鑑及び運転免許証を持参して、町税務課で手続をしてください。
 盗難にあったとき

・印鑑

・警察に盗難届けを出し、届出警察署名、盗難日、届手日及び盗難届受理番号が必要です。

 

 

 軽自動車及び125ccを超える二輪の登録、廃車及び変更について

  軽自動車及び125ccを越える二輪車に関する手続の窓口は次のとおりです。

 ◇ 軽自動車および125~250cc以下の二輪車

 ・自家用自動車協会 佐久支部  電話 0267-67-4677

 ・自家用自動車協会 小諸支部  電話 0267-22-0496

 ◇ 250ccを越える二輪車

 ・北陸信越運輸局長野運輸支局  電話 026-243-4384

 

7.原動機付自転車の改造 

  原動機付自転車の改造車を登録するときは、改造内容を明記した改造証明書を添付してください。車種が変更になる場合は変更前の標識の返納の手続をしていただき、変更後の車種で新しく登録していただきます。
 
 
 
 
 

この件に関する問い合わせは

税務課 住民税係
電話番号: 0267-32-3111(内線42・43・49)
電話番号: 0267-32-3126(直通)
FAX番号: 0267-32-3929

ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader が必要です。
ご覧頂けない場合は、必要に応じて左のバナーをクリックしてダウンロードしてください。(無償 / 外部リンク)

【免責事項】
ダウンロードしたコンテンツを使用することによって生じるいかなる損害・不利益に対し、御代田町では一切の責任を負いません。
※表示先サイトの利用規約をご一読ください。 ※ダウンロード及びインストールは自己責任において行ってください。 ※表示先のサイトにおいて「オプションのプログラム」が不要な場合はチェックを外し、Adobe Readerのみをインストールしてください。