• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

町民税・県民税の納税方法

納税は、個人の住民税を納める方法は、普通徴収と特別徴収の二つあります。)

普通徴収

給与所得者以外の事業所得者の方の住民税は、納税通知書又は納付書によって次の納期に納めていただきます。

  • 第1期・・・6月
  • 第2期・・・8月
  • 第3期・・・10月
  • 第4期・・・12月

※ただし、納期限が土・日・祝日の場合は、金融機関の翌営業日が納期限となります。

特別徴収

給与所得者の住民税は、給与支払い者(会社など:特別徴収義務者と言います。)が、役場からの通知に基づいて6月から翌年5月までの給与から天引きして、毎月とりまとめのうえ翌月10日に納めていただきます。

年の途中で退職した場合の納め方

年の途中で特別徴収されていた納税者が、退職などにより給与の支払いを受けなくなった場合は、退職の翌月から特別徴収による納税ができなくなります。 このとき次のような場合のほかは、普通徴収の方法によって納税していただきます。

  1. 退職の後、新しい会社に再就職し、引き続き給与から特別徴収により納税することを申し出た場合。
  2. 6月1日から12月31日までの間に退職した人で、支払われる給与又は退職手当などから、残りの税額を一度に差し引くことを申し出た場合
  3. 1月1日から4月30日までに退職した人で、(1)に該当しない人の場合(残りの税額は一括して給与又は退職手当などから徴収されます。)

この件に関する問い合わせは

税務課 住民税係
電話番号: 0267-32-3111(内線42・43・49)
電話番号: 0267-32-3126(直通)
FAX番号: 0267-32-3929