• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

災害時要援護者支援制度

高齢者・障害者を災害から守ります。

災害時要援護者支援制度とは

一人暮らしの高齢者や重度の障害者など、日常生活のなかで手助けを必要とする人に対して、災害時などに地域の中で支援を受けられるようにする制度です。

なぜ必要なのか

一人暮らしの高齢者や重度の障害者の方は、不安をかかえて生活しています。

  • もし大地震が起きたら・・・
  • 台風や雨で浸水したら・・・
  • 不安なときに気軽に話せる人が近くにいたら・・・

そんなときにも、みんなが安心して生活できるようにするために。

ポイントは4つ

  1. 制度を利用したい人は、事前に登録していただきます。
  2. ご近所の人などで支援してくれる人(地域支援者)を決めて、登録台帳に載せることの同意を得ます。
  3. 登録する際に、支援のために必要な個人情報を地域支援者(区長、消防団、民生委員含む)に提供することに同意していただきます。
  4. 地域支援者には、要援護者への日頃の声かけや、いざというときの確認、避難の支援をお願いします。
    ただし、できる範囲での支援であり、責任を伴うものではありません。

対象となる人は

日常生活に周囲の支援を必要とする人、災害が起きた時に、自分一人で移動することや情報を得ることが難しく、避難するのに何らかの支援が必要となる人です。

  • 身体障害児者(身体障害者手帳所持者)
  • 知的障害児者(療育手帳所持者)
  • 精神障害者(精神障害福祉手帳所持者)
  • ひとり暮らし、寝たきり高齢者
  • 高齢者のみの世帯
  • 認知症高齢者
  • 要介護認定者

地域支援者について

『地域支援者』として一番望ましいのはあなたの近隣の人です。

  • 自治会・自主防災組織は、大規模災害が起きたときは「支援制度」への登録の有無にかかわらず、被災者の救助や避難誘導が優先されます。
  • 民生委員児童委員も、それぞれの受け持つ区域が広いため、災害時には一人ひとりを支援することはできません。
    【そこで、いざという時のために!】
    災害が起きた時に頼りになり、また、助け合っていくことができるのは、近隣の人です。
    『支援をお願いするかどうか』だけではなく、普段から気軽に話せる関係をつくるといった心がけも重要です。

登録方法

  • 登録を希望する人は『登録申請書』を提出してください。
    登録申請書(PDF:15KB)
  • 『支援を必要とする人』は登録申請前に「地域支援者」になってもらえる人をお願いしておきます。
  • 『地域支援者』になってくれる人が見つからない場合は、保健福祉課福祉係に相談してください。

この件に関する問い合わせは

保健福祉課 福祉係
電話番号: 0267-32-6522
FAX番号: 0267-31-2511

ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader が必要です。
ご覧頂けない場合は、必要に応じて左のバナーをクリックしてダウンロードしてください。(無償 / 外部リンク)

【免責事項】
ダウンロードしたコンテンツを使用することによって生じるいかなる損害・不利益に対し、御代田町では一切の責任を負いません。
※表示先サイトの利用規約をご一読ください。 ※ダウンロード及びインストールは自己責任において行ってください。 ※表示先のサイトにおいて「オプションのプログラム」が不要な場合はチェックを外し、Adobe Readerのみをインストールしてください。