• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

野生鳥獣被害対策用電気柵の適正な設置及び管理の徹底について

 静岡県においてイノシシなどの野生鳥獣被害対策用電気柵に接触し、2名が死亡、5名が重軽傷を負う事故

が発生しました。長野県では電気柵設置者に対し、感電防止対策の徹底を呼びかけています。           

 以下をご覧いただき、電気柵設置における十分な管理をよろしくお願いします。                                                    

 また、電気柵が設置されている場所を通られる方は、安易に電気柵に触らないよう十分注意してください。

 

 

○電気柵の電気を30ボルト以上の電源から供給する場合は、電気用品安全法に基づく電源装置(PSEマーク

  付き)の使用が義務付けられています。

    PSEマークの有無を確認し、マークの無いものは使用しないでください。

 

○公道沿いなどの人が容易に立ち入る場所に設置する場合は、危険防止のために、15ミリアンペア以上の漏  

  電が起こったときに0.1秒以内に電気を遮断する漏電遮断器を設置してください。

 

○周囲の人が容易に確認できる位置や間隔、見やすい文字で危険表示を行ってください。

 

○電気柵設置後は、定期的に点検を行い、安全を確保してください。

 

 

  長野県佐久地方事務所 農政課  電話:  0267-63-3145

 

 

 

 

この件に関する問い合わせは

産業経済課 農政係
電話番号: 0267-32-3111(内線27・64)
電話番号: 0267-32-3113(直通)
FAX番号: 0267-32-3929