• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

ようこそ!御代田町へ

御代田町においでいただきまして、ありがとうございます。

 御代田町は昭和31年(1956年)に伍賀(ごか)村、御代田村、小沼(おぬま)村が合併して誕生し、現在までに人口で1.8倍、世帯数で3.6倍と驚異的な人口増加を成し遂げた町です。他の市町村が人口減少を続けている中でも御代田町の人口は毎年増えていますし、平成27年は、高齢化率(65歳以上の人口割合)は県下77市町村中76位であり、若い人たちの人口割合が高い町でもあります。

御代田町の魅力は…

  • 活火山で知られる浅間山の麓に広がる「自然の豊かな高原の町」です。最近は「屋根のない病院」という評価をいただいています。これは、都会で病気をお持ちの方が自然環境のよい御代田町に移り住むことで病気が治っていく―ということからいただいた評価です。豊かな自然環境とは、冷涼な気候、さわやかな空気、安全でおいしい水と新鮮な高原野菜、こころ安らぐ浅間山麓の風景などがあります。特に「水」は、浅間山に降った雨や雪がゆっくりと地下浸透し生み出された、豊富な地下水を水道水として供給しています。水道水のすべてを地下水で供給しているところは、全国的にはきわめて稀で、貴重な水源です。
  • ミネベア(株)、シチズンファインデバイス(株)、シチズンマシナリー(株)、シチズン時計マニュファクチャリング(株)などの精密部品の製造や精密機械などを中心として、世界に発信する優良な企業が数多くある町です。また、レーマン(株)や日穀製粉(株)などの工場もあります。この町に優良な企業を誘致できたのは、気候や水など豊かな自然環境の恩恵でもあります。
  • レタスなどが新鮮でおいしい高原野菜の町です。JA佐久浅間管内(佐久市・小諸市・軽井沢町・御代田町)で、野菜出荷額の約3割を御代田町が占めています。全国ブランドになっている「伍賀のレタス」をはじめとして、御代田町の高原野菜は全国的にも有名な産地の一つになっています。
  • また、御代田町は台風や地震などの自然災害が、全国的にみて比較的少ない町だと言えると思います。晴天率も高く、安全で快適に住むことができる町です。

平成21年度から「健康な町づくり推進プロジェクト」をすすめています。

 これは「健康」を町の全体像として位置づけて、総合的に取り組みをすすめようとするもので、町組織の全体が連携してすすめようとしているところに大きな特徴があります。事業内容として保健・福祉や医療・介護などの各事業を充実させることはもちろんですが、御代田町は「屋根のない病院」にふさわしい豊かな自然環境を守るとともに、豊かな自然環境を様々な分野に活かして健康な町づくりをすすめようとしているところに、他の自治体の取り組みと大きな違いがあります。
たとえば、町は健康ウォーキングを推進するために、ウォーキングポールの普及に力をいれていますが(ポールの購入に2,000円の補助を行う取り組みは全国初)、あわせて公園や歩道などの整備、子どもから高齢者までスポーツ振興による健康な体づくりと体力向上、地元の新鮮で安全・安心な野菜づくりの促進による食育や地産地消をすすめるなど、すべてにわたって自然環境を活かした健康づくりを考えています。

御代田町の大方針は「人口2万人の町」です。

「住んでみたくなる魅力ある町づくり」を基本に、「自然が豊かな町」「子育てしやすい町」「健康に暮らせる町」の3本柱をすすめます。他の町に住んでいる方々が御代田町に住んでみたくなるような、魅力ある町をつくることで人口2万人に接近していきたいと考えています。

 皆さまにお出かけいただきますよう、心からお待ちしております。
町長 茂木 祐司
御代田町長 茂木祐司

この件に関する問い合わせは

総務課 庶務係
電話番号: 0267-32-3111(内線24・25・29)
FAX番号: 0267-32-3929