• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

地域包括支援センター

地域包括支援センターとは

 高齢者が住み慣れた地域で、その人らしい生活が続けられるようにするためには、できるだけ要介護状態にならないように日常的な健康管理や予防対策に始まり、介護が必要になったときには、介護サービス、医療サービスなどさまざまなサービスを高齢者の状態の変化に応じて切れ目なく提供することが必要です。
 このため、町民の心身の健康保持および生活の安定を図るために必要な援助を行い、保健医療の向上および福祉の増進を包括的に支援する中核機関として、保健福祉課内に設置しています。
 

地域包括支援センターではこんな仕事をしています

 地域包括支援センターには、「主任ケアマネジャー」「保健師」「社会福祉士」の専門職員が配置されており、それぞれの専門性を活かし、相互に連携・協働しながら、次のような仕事をしています。

①介護予防ケアマネジメント ~自立して生活できるように支援します~

要支援1・2と認定された方や、事業対象者の介護予防サービス計画及びマネージメントを行います。

②総合相談 ~なんでもご相談ください~

高齢者のご相談を総合的にお受けします。
また、訪問等により様子を把握し、必要な支援につなげていきます。

③権利擁護 ~みなさんの権利を守ります~

低所得者及び身寄りのない方を、養護老人福祉施設へ入所や成年後見制度の活用についてご相談に応じます。
また、虐待の防止や高齢者の権利擁護に努めます。

④包括的・継続的ケアマネジメント ~さまざまな方面からみなさんを支えます~

みなさんを支える地域のケアマネージャーの支援のほか、高齢者のみなさんにとってより暮らしやすい地域にするため、さまざまな機関とのネットワークづくりに努めます。
 

ご利用案内

  時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日及び年末年始を除く)
     (緊急時は、時間外でも連絡の取れる体制を整備しています。)
  場所:御代田町大字馬瀬口1860-17  (役場庁舎ではなく駅北町営駐車場西側「人権啓発センター」内)
  電話:0267-31-2510  ファックス:0267-31-2511