• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

高額医療費の支給

同じ人が同じ月内に、同一の医療機関に支払った医療費の自己負担額が高額になったときに、自己負担の限度額を超えた分が、申請によりあとから高額医療費として支給されます。

自己負担限度額(70歳未満の方の場合)

  限度額(3回目まで) 限度額(4回目以降)
一般
A.総所得金額等が210~600万円
B.総所得金額等が210万円以下

A.80,100円
(医療費が267,000円を超えた場合はその超えた分の1%を加算)



B.57,600円





44,400円

上位所得者

C.総所得金額等が901万円を超える
D.総所得金額等が600~901万円以下


C.252,600円
(医療費が842,000円を超えた場合はその超えた分の1%を加算)


D.167,400円

(医療費が558,000円を超えた場合はその超えた分の1%を加算)




140,100円



93,000円

住民税非課税世帯 35,400円 24,600円
  • 月の1日から末日までを1ヶ月として計算
  • 医療機関ごとに計算(診療科ごとに計算する場合があります。)
  • 同じ医療機関でも、医科と歯科、入院と外来は別々に計算。
    ※入院時の食事代や差額ベット代などでは、支給対象となりません。

この件に関する問い合わせは

保健福祉課 健康推進係
電話番号: 0267-32-2554
FAX番号: 0267-31-2511