• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

こんなときも給付が受けられます

こんなときも給付が受けれます

出産育児一時金の支給

被保険者が出産したときには出産育児一時金が支給されます。妊娠12週(85日)以降であれば死産・流産でも支給されます。

葬祭費の支給

被保険者が亡くなったとき、実際に葬儀を行った人に対して葬祭費が支給されます。

あとから支給される場合(療養費の支給)

次のような場合は、いったん全額自己負担となりますが、申請により国保が審査し、決定した額の7割があとで支給されます。

項目 申請に必要なもの
急病などでやむを得ず保険証を持たずに診療を受けたり、不慮の事故などで国保を扱っていない病院で治療を受けたとき 申請書、領収書、診察内容の明細書、保険証
手術などで輸血に用いた生血代(第三者に限る) 申請書、輸血用生血液受領証明書、医師の診断書(または意見書)、血液提供者の領収書、保険証
コルセットなどの補装具代 申請書、領収書、医師の診断書(または意見書)、保険証
骨折やねんざなどで国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき 申請書、明細な領収書、保険証
はり・灸・マッサージなどの施術を受けたとき 申請書、明細な領収書、医師の同意書、保険証
海外渡航中に診療を受けたとき 申請書、診療内容の明細書と領収明細書(外国語で作成されている場合は日本語の翻訳文が必要です。)、保険証

この件に関する問い合わせは

保健福祉課 健康推進係
電話番号: 0267-32-2554
FAX番号: 0267-31-2511