• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

国民健康保険とは

国民健康保険(国保)は、いつ起きるかわからない病気やケガに備えて、加入者の皆さんがお金を出し合い、必要な医療費などにあてる助け合いの制度です。病院の窓口で保険証を提示すれば、かかった医療費の一部を支払うと安心して医療を受けることができます。

国保に加入する人は?

職場の健康保険(健康保険組合や共済組合など)に加入している人や生活保護を受けている人を除くすべての人が、国保に入ることになっています。

  • お店などを経営している自営業の人
  • 農業や漁業などに従事している人
  • 退職して職場の健康保険などをやめた人
  • パート、アルバイトなどをしていて、職場の健康保険などに加入していない人
  • 外国人登録をしていて、1年以上日本に滞在すると認められた外国人

※ 加入は世帯ごとに行います。

国保では、大人や子供・世帯の区別なく一人一人が被保険者ですが、加入は世帯ごとで行い、一世帯に1枚の保険証が交付されます。

※ 長期の入院により住所をほかの市町村へ移すとき。

長期の入院のために住所を入院先の医療機関に移す場合は、移す前の市町村の被保険者のままとなります。 

保険証について

国保に加入して被保険者となると、一人一枚の保険証(国民健康保険被保険者証)が交付されます。保険証は国保の被保険者の証明書であるとともに、お医者さんにかかるときの大切な受診券となります。

お医者さんにかかるときは

お医者さんにかかるときに保険証を提出すれば、かかった医療費の3割を負担するだけで治療を受けることができます。受診する時には忘れずに提出してください。

保険証は大切に取り扱ってください。

交付されたら記載内容を確認
もし間違いがあっても、自分で書き直してしまうと無効になってしまいます。必ず国保の窓口に届け、訂正してもらってください。

他人に貸したり、借りたりしない
法律で禁止されています。

病院に預けたままにしない
紛失事故の元です。必ず手元に保管しましょう。

この件に関する問い合わせは

保健福祉課 健康推進係
電話番号: 0267-32-2554
FAX番号: 0267-31-2511