• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

子宮頸がん検診についてのお知らせ- 「平成28年度がん検診推進事業」に該当される方は無料で受診できます-

子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんで、日本人に多く、20~30歳代の若い女性に増加しています。定期的な検診で、がんになる前の状態(異型性(いけいせい)といわれる状態です)の時から発見できる唯一のがんでもあります。
一般の子宮頸がん検診では、子宮頸部表面の細胞をブラシ状の器具で軽くこすり採る「細胞診」が行われます。(検査の際、1~2日で止まる程度の出血が見られる場合があります。)
精密検査では必要に応じて「細胞診」「組織生検」などさらにくわしく調べる検査が行われます。

「平成27年度がん検診推進事業」(働く世代の女性支援のためのがん検診未受診者対策緊急支援事業及び新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業)について

 町では今年度、がん強化対策として「平成28年度がん検診推進事業」を実施します。

前年度に20歳、25歳、30歳、35歳、40歳になられた方の中で過去5年度(平成23年度~27年度)の間に町の子宮頸がん検診を受診されていない方に、町で実施する子宮頸がん検診を無料で受診できる「無料クーポン券」を配布いたします。くわしくは対象者に送付される案内をご覧ください。

〔平成28年度(集団・個別)子宮頸がん検診について〕

  • 対 象 者:  20歳以上の女性で、原則、今年度偶数年齢になる方。

(子宮頸がん検診は2年に一回受診すればよい検診です。)

(性交渉の経験が今までにない方は、子宮頸がんの発生に関係するHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染する危険性が少ないので子宮頸がん検診の対象者から外れます。)

  • 検 診 方 法 :  子宮頸部細胞診

  • 申込み方法:  保健福祉課健康推進係に来庁のうえお申込みください。

昨年度末に世帯主様宛に送付した「各種検(健)診申込書」ですでに申し込まれている方は改めて申し込む必要はありません。

          

  • 検診実施期間、会場、料金(自己負担金)
種別
集団子宮頸がん検診
個別子宮頸がん検診
検診実施期間

平成28年

7月5日から8日の午後   

平成28年4月~平成29年3月末(休診日を除く)
受け忘れのないよう、早めの受診をおすすめします。
会場
保健センター(検診車)
御代田中央記念病院
料金(自己負担金)
※検診の際 にお支払いください。
1,500円
1,500

この件に関する問い合わせは

保健福祉課 健康推進係
電話番号: 0267-32-2554
FAX番号: 0267-31-2511