• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

第十回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金について

戦没者などの遺族に対する特別弔慰金とは

 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金は、先の大戦で公務などのため国に殉じた、もとの軍人、軍属および準軍属の方々に思いをいたし、終戦20周年、30周年、40周年、50周年、60周年という節目の機会をとらえ、国として改めて弔慰の意を表すため、一定の日(基準日)において、恩給法による公務扶助料、特例扶助料、戦傷病者戦没者遺族援護法による遺族年金、遺族給与金などの受給権がある遺族がいない場合に、残された遺族に対して、戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法に基づき、記名国債として支給されるものです。

第十回特別弔慰金の請求受付について

 このたび、第189回国会で成立した「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法の一部を改正する法律」に基づき、戦没者等の遺族に対する特別弔慰金( 第十回特別弔慰金) が支給されることになりました。

支給対象者

 平成27年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給されます。

 戦没者等の死亡当時のご遺族で
1 平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
2 戦没者等の子
3 戦没者等の (1)父母 (2)孫 (3)祖父母 (4)兄弟姉妹
  ●戦没者等の死亡当時、 生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
4 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
  ●支給対象遺族は、戦没者などの死亡当時の遺族(生まれていたこと)(子については胎児も含む)が要件です。

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

請求期間

 平成27年4月1日から
 平成30年4月2日まで

  ●請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。

請求に必要な書類

 請求書(福祉係窓口にあります。)

 印鑑等届出書(福祉係窓口にあります。)

 戦没者などの遺族の現況等についての申立書(福祉係窓口にあります。)

 特別弔慰金請求同意書(福祉係窓口にあります。)(同順位者がいる場合のみ必要)

 請求者の戸籍抄本(平成27年4月1日の状況がわかるもの)

上記の書類一式を、福祉係まで提出してください。また、上記以外にも書類が必要になる場合があります。記入の仕方等、ご不明な点はご相談ください

申請受付窓口

申請は、御代田町保健福祉課福祉係で受付いたします。

●車でお越しの方は、郵便局隣の有料駐車場をご利用ください。保健福祉課をご利用の方は無料となりますので、お申し出ください。

●御代田町役場本庁舎ではありません。ご注意ください。

関連リンク

平成27年の改正法による「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」の支給について(厚生労働省ホームページ)

この件に関する問い合わせは

保健福祉課 福祉係
電話番号: 0267-32-6522
FAX番号: 0267-31-2511