• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

大寒に水を浴びる奇祭 草越「寒の水」

ふんどし姿で水を浴びる 草越「寒の水」

「寒の水」は毎年、一年でもっとも寒いといわれる大寒の夜に行われる、草越地区の伝統行事です。

地区の青壮年60名ほどが水行者として、わらで編んだ冠(兎巾(ときん))とふんどし、わらじを身につけ、大桶の水を浴びながら熊野神社を目指します。熊野神社では兎巾を奉納し、一年の無病息災や五穀豊穣を祈願します。

寒行の一種で大山講の名残と言われ、平成元年に長野県無形民俗文化財の指定を受けました。

寒さがますます募る頃、水行者が大桶の水を浴び、凍てつく道を走る姿は圧巻です。

日時 平成29年1月20日(金) 午後6時頃から午後7時頃(水浴び)
会場

草越地区(草越公民館~熊野神社)

 
交通

上信越自動車道佐久ICから約8km

しなの鉄道御代田駅下車 タクシーで約7分

交通等のご案内

当日の午後5時頃から、見学客へ、御代田名物「おにかけうどん」が無料で500食振る舞われます。

当日は臨時駐車場が用意されますが、台数に限りがありますので、公共交通機関のご利用をお勧めします。

当日の、草越地区内への車両の乗り入れはご遠慮ください。

見学や写真撮影等のために来場される皆様へ(重要)

水を使用するまつりであるため、来場者の方の衣服や所持品等に水がかかる場合があります。

来場に際してのあらゆるトラブル等について、主催者および御代田町では一切の責任を負いません。

また、水がかかった路面は凍結し、大変滑りやすく危険ですので、ご注意ください。

   

寒の水

「寒の水」の様子

 

この件に関する問い合わせは

産業経済課 商工観光係
電話番号: 0267-32-3111(内線31・62)
電話番号: 0267-32-3113(直通)
FAX番号: 0267-32-3929