• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

冬期の水道管の凍結にご注意を

水道管を凍結させないためにも凍結防止帯は、水道管の地上に出ている部分や浅い地中の部分に巻いて、通電することで管を温めて、凍結を防止するものです。気温が氷点下になる時季になったら早めに電源を入れましょう。なお、凍結防止帯にも耐用年数があります。定期的に点検をして、凍結防止対策をしましょう。

不凍栓の使用について

不凍栓を閉めることにより、水道管内の水を抜くことができ、凍結防止になります。必ず蛇口を全開にしてから不凍栓を完全に閉めてください。完全に閉めないと水が地下へ流れ出て、水道料金が高額になってしまうことがあります。

水道管が凍結してしまったら

凍結部分にタオルや布をかぶせ、その上からぬるま湯をゆっくりかけてください。(熱湯をかけたり、直火を当てたりしますと水道管が破裂するおそれがあります)
それでも出ない場合は施工業者又は町指定給水装置工事事業者にご相談ください。

水道管が破裂してしまったら

不凍栓等で水を止め、施工業者または町指定工事事業者に修理を依頼してください。

長期不在にするときは

長期間使用しないときは、必ず不凍栓を完全に閉めてから外出してください。
また、「閉栓」手続をしていただければ、閉栓期間中の料金は発生しません。閉栓をご希望の場合はご連絡ください。閉栓手数料は無料です。
※ ただし、再び開栓する際には、開栓手数料が1,000円かかります。

水道メーターボックス周囲の除雪

積雪でメーターボックスの位置が分からなくなり、検針が出来ないことがあります。除雪のご協力をお願いします。
また、メーターボックスの上に物を置いたり、近くに犬をつないだりすることはやめてください。確実な検針のためにご協力をお願いします。

この件に関する問い合わせは

建設水道課 上下水道管理係
電話番号: 0267-32-3111(内線15・36・37)
電話番号: 0267-32-3129(直通)
FAX番号: 0267-32-3929